〇〇は武器となるのか?

こんにちは、


"デキる人材になれる・


作れる・育てれる!"


人材育成コンサルタントの


松山カイトです。


 


卓球の全日本選手権が行われましたね。




普段、格闘技畑で育ってきた私自身としては、


興味があった訳ではありませんでした。




しかし、14歳の張本智和(エリートアカデミー)選手と


史上初の10度目の優勝を狙う水谷隼(木下グループ)選手が


それぞれ準決勝を勝ち上がってきた2日前から、


少し興味が涌いてきてました。




というのも、史上初のV10を狙う水谷選手か


史上最年少優勝を決める播本選手かという、


どちらが勝利しても史上初という


価値が付くからだと自己分析しています。




実際、決勝当日の観客数も史上初の6500人


を上回る人数であったとか。




それだけ、私自身に限らず興味があった


ということではないでしょうか。




そんな男子シングルス決勝の結果、


終始攻めて攻めまくった播本選手が主導権を握り、


初優勝!




試合後の水谷選手も「中国選手とたくさんの試合


をしてきたが、張本は彼らと同じレベルにある。


誰がやっても勝てない


張本が来る前に何回も優勝していてよかったなあと。


それくらい強い」と言わしめたほどでしたね。




実は、この決勝前の水谷選手の戦略に


私は一番興味があったのです。




それは、あの張本選手の「チョレイ!」の声が


とても大きく、影響を恐れた水谷選手が


"耳栓"で対抗するという報道がされていたのです。




私の言ういつもの習慣ですね。




そう、この想定が水谷選手の優れた武器になるのでは?


と思ったほど。




しかし、いざ本番の決勝では水谷選手は"耳栓"


することなく堂々と戦っていました、絶対王者として。




堂々と戦う王者と、恐いもの知らず且つ練習の鬼である新星




一気にファンになりました。




やはりスポーツって良いですね。




平昌オリンピックに負けないくらい、


東京オリンピックへ向けた戦いももう始まってます!




ガンバレ、日本!!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする