意外な場所で!!

こんにちは、


"デキる人材になれる・


作れる・育てれる!"


人材育成コンサルタントの


松山カイトです。


 


千葉・柏市で、JRに乗っていた女性が、


電車内で赤ちゃんを出産した


というニュースが報道されました。




JR柏駅に停車した常磐線の電車内で、


乗客から「子どもが生まれた」と119番通報。




複数の乗客によると、


優先席に座っていた25歳の女性が、


急に産気づいたということ。




車内の緊急ボタンが押され、


乗務員が駆けつけたところ、


すでに女性は、女の赤ちゃんを出産。




出産の際は、周囲の乗客が励ましたといいます。




たまたま、20年ほど前に


看護助手の経験がある方がいらして、


その方が取り上げた?というより


既に頭が出ており、すんなり生まれた


とも言います。




母親と赤ちゃんは、


その後かけつけた救急隊員によって、


病院に搬送されました。


母子ともに元気だそうです。


昨今、暗い印象のニュースが多いなか、


こうした新しい命の誕生といった


明るいニュースは元気が出ますね。




一方、この出来事でJR常磐線は


下りに30分程度運転を見合わせたとのこと。




これは運行に少なからず影響を及ぼした


ことになりますが、


同じ電車に乗り合わせた方々の心情として


全てがプラスに働いたとも限りません。




というのも、数日前には雪の影響で


立ち往生した新潟県の事例もあったり、


受験時期ということもあります。




全ての人が同じように感じる事は


あり得ないからこそ、


こうした事象に隠れそうな


負の感情を持つ人達に対する配慮


があると"デキる"人の仲間入りですね。


 


今回の関係者の皆さんがどこまで


これらを想定し動けたか。


 


一見、ただの嬉しいニュースからみる


包括的な"デキる"人材になるコツ


を紹介してみました。


 


ちなみに、首都圏で妊婦向けの


タクシーサービスをしている


京王自動車によると、2016年度に


陣痛が起きてタクシーを利用した1367人のうち、


間に合わずに車内で出産したのは1人だけ。




今回のケース、非常にレアだったのかもしれません。


 


 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする