救急車はタクシーではありません!!パトカーは・・・?

こんにちは、


"デキる人材になれる・


作れる・育てれる!"


人材育成コンサルタントの


松山カイトです。


 


昨日、大学入試センター試験の日を迎え、


受験生にも使える時間管理のコツを


お伝えしたばかりですが、




今日はこんなニュースを目にしました。


 


それは北海道で起きました。




センター試験初日の13日朝に


起きた列車事故で、足止めをくった


受験生4人をパトカーが試験会場の


室蘭工大に搬送したということでした。




この件に対し、道警に40件の意見が


寄せられていることが分かりました。




全国でも例がない道警の対応に


賛否は分かれましたが、


好意的に受け止める内容が


多かったと言います。




道警によると、『パトカーで送る


判断をした室蘭署や苫小牧署の対応


について、道警本部や両署には


15日朝までに、40件の反響が


寄せられた。


賛同する意見が7割を占め、


「困っている市民を助けた動きを支持する」、


「今後も市民のために働いてほしい」


といった声があった。


一方で、警察の本来業務との違和感から


「税金の無駄遣いではないか」


といった批判的な意見もあった』といいます。




この話、実は韓国の入試事情で


良くニュースになりますよね?




毎年11月の第2木曜日に行なわれる


「大学修学能力試験」という日に


普通に受験者をパトカーが送る


なんてニュースを報道しています。




私個人的には、このニュースの影響


受け過ぎてるのでは?


税金の無駄使いとまでは言いませんが、


この間に事件が起きた際に


どう責任とるのか?


が気になるところで反対です。




もう1つの理由。




以前のクライアントさんから聞いた話


ですが、医療機器を運ぶそのクライアント


さんの会社において、


緊急に呼ばれた担当者が


患者さんの生死に関わると判断し


高速道路を法定速度以上で走行。




高速隊に速度オーバーで捕まり、


事情を説明してもゆっくり


しっかりと切符が切られたとのこと。




結果、、、(>_<)




切符を切られるのは承知で速度オーバー


していても、事情があるので


後に切符を切っても良かったのでは?


と議論になったとか。


 


そんな話も踏まえ、個人的には


受験での送迎は反対です。


 


本日はチョイ感情も入りましたが、


今後は警察としてどう動くのかが


気になります。




『7つの習慣』にある


「第2の習慣


(終わりを思い描いてから行動する)」


を間違えると思いのほか


大変な損失になることを、


大人であれば経験している人


も多いのではないでしょうか。




さぁ、どうする?


 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする