時短の達人!

こんにちは、


"デキる人材になれる・


作れる・育てれる!"


人材育成コンサルタントの


松山カイトです。


 


今日は大学入試センター試験


の日でしたね。




数日前から続いた最強寒波の影響


もあってか、24の会場で


試験時間のり下げ


行われたようです。




ここ新潟でも1時間の繰り下げが


ニュースとなっていました。


 


そんな受験真っ最中である、


この時期の学生戦士の為に!




今日は"ある時短の方法"をお伝えしたいと思います。


時短、いわゆる効率の良い時間管理の方法


はいくつもあります。




また、その時短方法が


自分に合うかも違いますし、


その人の生活によっても


効果は変わるでしょう。




従って"最強の時短方法"を


お伝えするより先ず、


"ある方法"をお伝えしたいと思います。


 


それは、国際線のCAさんの時短方法です。




CAさんといえば、可憐で且つ知的でもあり、


いざという時には頼りになる存在。


女の子がなりたい職業でも


常に上位の職業ですよね。




しかし、格安航空会社の台頭で、


各旅客会社も一日のフライトの中で


短時間での往復など、


また、その往復を同じ方が対応する割合が


依然と比べても増えてきているのが現状。




その為、CAさんの時短術たるや


非常に効率よくできているのです。


例えば、


・起床時:絶対に寝坊や遅刻はできないため、


朝はスマホと目覚まし時計の2つ使用。


これを時間差でセット。


理由は、もし、どちらかが壊れていたら


乗り遅れ(最悪帰国できない事にも!)


てしまうため。




・朝食:パンとスープといった簡単なもの。


理由は、出かける前の洗い物を少なくするため。




・休日の過ごしかた:2日間のお休みのうち、


1日目は家事をした後にスポーツジムで


汗をかき、リフレッシュ。


夜は友人と夕食を楽しむ。


理由:同僚と会う機会を作り、


仕事上の情報交換や悩み相談


などでエネルギーチャージ。


休日2日目は翌日のフライトに備えて


早めに就寝します。




・寝具管理:布団クリーナーで


布団のホコリやダニを吸い取ります。


理由:仕事柄、留守にすることも多く、


布団を干すタイミングが難しいため、


お天気に左右されず布団をきれいに


できるため。




・最も大事なこと


それは、翌日の行動のシミュレーション。


理由:翌日の持ち物や着る洋服、


業務内容を前日のうちに


シミュレーションしておくと、


1日の流れがスムーズになります。


その分、行動に無駄がなくなるのですね。


その上で実際の行動は、


『10分前行動』を意識。


早めの行動をしていると、


たとえ電車が1本遅れたとしても、


慌てなくて済みます。


 


さて、如何でしたでしょうか?


『7つの習慣』にある


「第3の習慣(最優先事項を優先する)」


ですね。


 


日々忙しいのはCAさん達に限らず、


受験生でもある皆さんもそうです。




自分に1つでも出来そうなモノ


があれば是非取り入れてみてください。


 


最後の追い上げの時期、


時短術で少しでも志望校に近づけますよう


 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする