No.140【ガチョウと黄金の卵の話】

tamagoこんにちは、ハートコーディネーター 松山カイトです

先日、こんな話をしている場面に出くわしました

都内で車持てない人が、地方に転勤になって車を所有することになり、

「やっと車を買えた!!」と喜んでいたという話

それは、都内では車を購入できても維持するのに、

駐車場代からはじまりいろいろとランニングコストかかるので維持できないというもの

実際は、フェラーリを購入できる人は意外と多いが、維持出来ないので購入できないと言う


また、自身の身体にとってもそう

普段、忙しいのを理由に酷使しているのに休ませてあげれてない、ケアできていない人が多いと言います。

身体のケアにコストかけても良いじゃない、

でも自身でケアできればコストは掛からないなんて話だったような・・・

この話を聞いていて、私の頭では「おっ!ガチョウと黄金の卵の話だ!」と

7つの習慣に良く出てくる比喩表現を思い出しました


イソップ童話ガチョウと黄金の卵と7つの習慣


イソップ童話の話の1つで

ココで言う黄金の卵とは、"成果"を示しており、

ガチョウとは、"その成果を生み出すための資産あるいは能力"を示しています


黄金の卵だけに目を向け、ガチョウを無視するような生活を送っていたら、

黄金の卵を生む資産はたちまち無くなってしまいます。


逆にガチョウの世話ばかりして黄金の卵のことなど眼中になければ、

自分もガチョウも食い詰めることになるのです。

この2つのバランスがとれて初めて効果的であり、この"成果"と"成果を生み出す能力"とのバランスがとっても大事であると説いてます。


先程の例にもどりましょうか。

都会で奮発してフェラーリを購入したとしても、購入にばかり意識が行っていたため、

維持費にお金が回せず、結局メンテナンスや洗車、

事前の定期検査などに回せず、早いリタイヤをしてしまいかねないという例え


自分自身の黄金の卵を意識しよう


また、身体のケアにしてもそう

普段、頑張って酷使した結果、思いの成果を仕事などで上げれているとしましょう


しかし、自身の身体の訴えを無視したまま仕事などに熱中していると身体を壊し、仕事どころで無くなり

成果を出すことすら難しくなってきてしまうという考え

この2つのバランスを上手くとりながら、効果性を高めていく


これが「7つの習慣」でもちょいちょい出てくるP/PCバランスというもの

いろんな事に照らし合わせて考えると、普段よりちょいと優しくなれる自分が発見できるかもしれません

身の回りの"ガチョウ"と"黄金の卵"を見つけ、

大事に至る前にバランスを整えるというのは4月が始まるこの時期

是非とも良い機会として探して、見直してみてください


ハートコーディネーター 松山カイト

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする